育毛剤 組み合わせ
内服できる育毛サプリメントも、かなり期待できるものが出回っています。やはりこれらの利点としては頭皮への無用な刺激もなく、基本的には副作用もないということです。続けやすい育毛法ですね。

また内服系育毛サプリでは、頭髪以外の身体各部にもプラスの効果があることも見逃せません。

ナツシロギク(フィーバーフュー)なら偏頭痛に対しての実感、ノコギリヤシにおいては尿のキレといったところに実感が期待できますね。

薬のように体に負担をかけてしまうというよりは、「ソフトでも、何かと良いことがある」というのがサプリで言えることです。

ここで育毛剤・育毛シャンプーも加えてみると、各種サプリメントとの相乗効果が見込めて、しかもノーリスク・きわめて低リスクで期待できるのです。

※「きわめて低リスク」=薬でないどんなサプリメントやシャンプーでも、万が一のアレルギーや、大量摂取による危険性などは「0」ではありません。

たとえばケイ素などを多く含む「ミレットエキス」では、これのみからなるサプリメントもありますが、ミレットエキスを配合している育毛剤やシャンプーもあります。ノコギリヤシなどでも同様のことがいえます。

サプリメントと育毛剤・育毛シャンプーで違うのは、サプリメントには服用直後における「使用感」が特になく、育毛剤・育毛シャンプーでは「使った感じとして、合うか合わないか」があるということです。

ですから、たとえばナツシロギク・ノコギリヤシ・ミレットエキスのサプリメントを飲みながら、かゆみなどを感じない「自分に合う」育毛剤を使い、育毛シャンプーはノコギリヤシ系が合うならノコギリヤシ系を使う、といったように個人のフィーリングに合わせて使っていくのがおすすめです。

「続けやすさ」に関しては、特に「使用感」がないサプリメントが一般にラクだと言われますが、逆に言って服用したとき何も感じないのでなんとなく止めてしまう、という方もいます。

使用した感じがある育毛剤、特に育毛シャンプーでは、合えば非常に続けやすいということも言えます。

「サプリメントをしっかり続けながら育毛剤は控えめに使う」とか、「時々サプリメントの飲み忘れがあっても、気分が良くなる育毛シャンプーは毎日続ける」とか、人それぞれのスタイルが考えられます。

「育毛剤(外用タイプ)」や「育毛シャンプー」は基本的に頭皮周り、身体の外側からアプローチしていきますが、一方で「サプリメント」は体内からアプローチしていきます。

育毛にあたってこのどれか1つを選ばなくてはならない、という決まりは全くありません。むしろ3者すべてを使うことで、それぞれの効果を高め合うはたらきが期待できるでしょう。

また、性質的に内服できない成分や、外用できない成分も存在します。これらの効果をしっかり求めていくにも、やはり育毛剤・育毛シャンプー・サプリメントの組み合わせはおすすめできます。

育毛剤やシャンプーの効果については育毛シャンプー効果.comで解説しています!